岐阜動物ランドでは、無料にて里親探し・迷子探しのお手伝いをさせていただいております。

>> 里親探しはこちら

>> 迷子探しはこちら
責任者 新川正春
(にいかわ まさはる)

〒501-1151
岐阜県岐阜市川部一丁目
電話 : 090-5600-2112
E-mail :
info@doubutsu-land.com

お預かりした方からのお便りです。
<< お便りトップページに戻ります

名前
しんえもん君(猫)
飼い主様
清水様
住所
岐阜県羽島郡岐南町
お預かり期間
2005年11月3日〜2007年5月19日
新川様
こんにちは。相変らずお忙しい毎日をお過ごしでしょうか?
この度は、しんえもんが大変お世話になり、ありがとうございました。先日、しんえもんの様子を見に行ってきたので、早速ですが報告させていただきます。
従姉妹宅に着いた当日は、階段を登ったり下りたりして家の中を探検していたそうです。夜はリビングで寝て、伯母が夜中に心配になって様子を見に行くと、ニャーとすり寄って来たらしく30分くらい遊んだそうです。ごはんは初日から食べたようです。
2日目には、ひどく力んでウンチをしたら、便に鮮血が付いていて驚いて電話がありました。日曜日で動物病院は休みですし、多分力んだからだろうと判断し、翌日まで様子を見ることにしました。
3日目は、便に血がついてなく一安心しました。その後は一度も血が付いたことは無いとのことです。
慣れるまで一ヶ月くらいはかかると思っていたのですが3日目には、従姉妹や伯母の後を着いて回ったり、いつも寝る(お気に入りの場所)ができたり、窓から外を見たりして田舎暮らしを楽しんでいるとのことでした。
「ラグマット」で爪を研ぐので、ダメだよーと言うとすぐに止めるのでこの子は、賢いわ〜と言っていました。
私が遊びに行った時には、すっかり自分の家のように行き来して、まるで「いらっしゃい」と言われているようでした。ストローの袋をおもちゃにして走りまわっていたり、家具の上に登ったりしていました。
ご飯もお水もよく食べていました。そして何より伯母一家が、しんえもんのことを本当に心から可愛がってくれて「ウチの子」と言ってくれていたので、私としてはすごく嬉しくもあり安心しました。
母と話していたのですが、しんえもんは元々、警戒心の強く・結構人見知りをする子でした。初めて会った人に、すり寄って行ったりお腹を見せるなんてことは無かったのに、1年6ヶ月新川さんの元で可愛がっていただく内に、とても人なっこい子になりました。そのお陰で、伯母一家、近所の人や伯母の職場の方、従姉妹の友達みんなに可愛がられています。本当にありがとうございました。
これからの日々、体調を崩しやすいので、どうかお体をご自愛いただき、今後ともますますご活躍されることを陰ながら祈っています。
写真を同封しましたが、なんせ元気で走りまわっていたもので、上手に撮れませんでしたが、それも元気な証しとご理解いただければ幸いです。

▲ページTOPへ

名前
あずき君(犬)
飼い主様
福田様
住所
静岡県浜松市
お預かり期間
2004年3月2日〜2007年11月

本当に永い間お世話になりました、お陰様で「あずき」は幸せな晩年を送らさせて頂き天寿を全うして極楽往生する事が出来ました、お寺での寝顔を見ただけでよく解かりました。
「あずき」の遺骨を我が家に連れ帰り、以来朝夕親しく語りかけながら供養しております、愛犬「あずき」とは15年の共同生活、3年半強のお世話頂き悔いの無い一生だったと冥福を祈っております。
思い起こせば犬に全く触る事すら出来なかった家内が一番世話を焼き、朝夕の散歩を日課として欠かさず、信州での厳しい冬を幾年も過ごし、私達夫婦に取りましても子供達よりも生活を共にする時間が永い間柄と成っていました、又愛犬を介して近所付き合いが始まったり、色々と多くの思い出が残りました、おかげで人間も犬もお互いに癒し癒された充実した生活を送る事が出来ました。
名刹、鴨江観音にて搭婆供養を行ないましたので観音様の御浄土へ安らかに導かれたと思います。四十九日以上は家で供養を行い、来春には納骨供養を行なう予定でいます。
新川様には言葉に尽くせない親身なお世話を多年に渡り頂きました事を、重ねて御礼申し上げます、誠に有難う御座いました。お母様の一日も早い快癒と皆様のご健勝とご多幸をお祈り申しあげます。 敬具。

▲ページTOPへ

<< お便りトップページに戻ります
長期預かりした方のお頼りです。元気そうに暮らしている様子から嬉しく思います。
Copyright (C) 2007 GIFU doubutsu-land All rights reserved